日勤常勤看護師の求人の見つけ方

どこの職場でも、一度崩れた人間関係は修復が難しいものです。

人間関係の疲れからくる看護師の退職

 転職や退職をするからには、それなりの理由があります。  看護師の退職理由に、家庭の事情や健康問題が挙がります。健康問題とは、激務に対して体がついていかなくなったことに関係しています。勤務時間が長い上に夜勤もあり、業務は忙しい。

また命を預かる仕事故の重圧は、かなり精神的な負担があるのでしょう。  反対に明確な目標があり、次のステップアップを目指すためかもしれません。  けれども上記の理由に加え、人間関係への疲れから退職をする方も多いのが現状です。

 悪口や仲間外れから始まり、連絡事項の伝達を怠ったりと、中には医療事故にまでつながるような重大な人間関係のトラブルがあります。この場合、早期に解決に導かなければ後々患者の命にかかわってしまいます。 いじめのような扱いを受けた看護師や、その関係性に嫌気がさした看護師たちは、転職先を探し始めます。

 しかしそのような事態に陥る前に、報告を受けた上司は看護師たちの配置を変えたり、話し合いをしたりと、具体的に対策を講じるべきです。そうしないと優秀な人材はどんどん他の医療機関に流れていくことになり、また新しく看護師が入ってきたとしても教育をしなければならず、人材と共に時間のロスでもあります。

 さて、人間関係に疲れた看護師が転職の際注意したいのは、前職を辞めたきっかけを問われた時です。  正直に「人間関係悪化」と答えても、面接官からすれば看護師の思い違いかもしれませんし、もしかするとあなた自身が人間関係の悪化の原因なのではとも疑われてしまいます。

 さらには良好な人間関係の構築を怠ったと見られてしまうかもしれません。なぜなら面接官は、その時の状況を知らないのですから。  ですからたとえそのような理由で転職するとしても、面接では伏せていた方が無難です。それよりも自分が持っている知識や経験、資格を全面的にアピールし、自分を売り込む方が、好感度が高いでしょう。

 看護師の本音としては人間関係の修復を図るより、転職をした方が精神的にも良いのでしょう。  医療機関の方は看護師に対しての待遇や面談などを設けるようにして常によりよい職場となるよう努力をしなければなりません。

↑ PAGE TOP